徒然散歩

自然と共に楽しく!

カテゴリ: 8月

マルバノホロシ(丸葉保呂之)ナス科「あら、年を取ってからの病気は、病気と思えば病気だし、そうでないと思えば、違いますのよ」「それはまあ、誰にとってもそうですが」「私、昔から、一定の年になったら、お医者にかかることをやめるつもりでしたから。年取って病気を探 ...
| 8月

イガホオズキ(毬酸漿)ナス科ハダカホオズキ(裸酸漿)ナス科秋になると真っ赤に色づききれいですよ~世界中の息子たちへ 堤 江実 たとえ どんな大義があろうとも 私はあなたが殺されるのをみたくはない それにもまして たとえ どんな大義があろうとも 私はあなたが殺すの ...
| 8月

オオカモメヅル(大鴎蔓)キョウチクトウ科山道に小さなお花がちょこんと!色白のオオカモメヅルです。サジガンクビソウ(匙雁首草)キク科ヒメガンクビソウ(姫雁首草)キバナガンクビソウ(黄花雁首草)はじめに・・・・・・・星があった。光があった。空があり、深い闇が ...
| 8月

久し振りに山へ行って来ました。チョッピリ秋を感じる空気が気持ち良かったですよ。フジカンゾウ(藤甘草)マメ科ヌスビトハギでしょうか。感動は逃げやすい 山の小道というものは、人が通っているうちは道ですが、ひとたび人が通らなくなると、すぐに草が生え、ふさがって ...
| 8月

アメリカタカサブロウ(高三郎) キク科勉強不足で、タカサブロウとアメリカタカサブロウの違いが写真では、はっきりわかりませんでした。あぜ道には元気なタカサブロウがいっぱいです。農家の方は、厄介ものに、お手上げかも知れません。タカサブロには ボクトソウ(墨斗草) ...
| 8月

オモダカ(面高)雄花雌花雌しべかな?雄花 と 果実葉の上にカエルさんが「ものさし」堤江実どちらが正しいか正しくないか どちらが善いか悪いか どちらが優れているか劣っているかそんなまっすぐなものさしでは 世界を計ることはできません空のひろさ 空の大きさ 空の深さを ...
| 8月

ヤマホトトギス(山杜鵑草)ユリ科おまけはタイワンホトトギス「きれい」ではなく「美しく」なる思わぬ穴が人生にあいた時、穴があいたがゆえに、それまで見えなかったものを見ようとする力。そういう力が私たちの世代にはあったような気がします。おそらく戦争という深い闇 ...
| 8月

このページのトップヘ