徒然散歩

自然と共に楽しく!

カテゴリ: 7月

一年前に訪れた志田山朝日寺へ行ってきました。山寺を訪れる人はいないようですが、番犬のワン君が大騒ぎです。きれいにお掃除された境内のお花がきれいでした。ウツボグサ(靫草)別名:夏枯草(かごそう)シソ科最後の一輪です。夏枯草(かごそう)と言うだけあって、もう ...
| 7月

タヌキモ(狸藻)池や水田に浮いている多年生の食虫植物虫を捕らえる袋がありミジンコなどを捕らえて消化吸収するので根はない。冬は水底に沈んで越冬する。名前の由来は「浮遊するふさふさした藻がタヌキ(狸)の尻尾のように見えることから」 上むいて笑っている見たいよ ...
| 7月

ジャコウアゲハ雄ウマノスズクサで育った蝶でしょうかジャコウアゲハメスは羽が黄灰色です。カラスアゲハとてもきれいな蝶を見つけてずっと後を追いかけました。どうも吸水しているようでした。羽をパタパタさせてなかなかピントが合いません。風のゆくえ 堤江実風が私を吹き ...
| 7月

ソバナ(岨菜)山道に咲くお花に出会うとうれしいですね~山の花には 星野富弘 山の花には 静けさが染みこんでいる 静けさと寂しさの ちがいを 知っているものの 強さと 安らぎがあるオオバギボウシ (大葉擬宝珠)天気が急変して雷さまがゴロゴロ~『わぁ~たいへんだ~』っ ...
| 7月

ミツモトソウ(水元草)初登場:バラ科 別名:ミナモトソウ 山中の渓流のそばに生育するので付けられた名前のようです牧野富太郎は「みずもと(水源)という意味からミツモトソウと訛ったらしくミナモトソウも恐らく、源草の意味であろう」と述べているようです。Wikipedia ...
| 7月

フシグロセンノウ(節黒仙翁)ナデシコ科かなり遠くで咲いていますが鮮やかなので望遠レンズで撮れました。キヌタソウ(砧草) フシグロセンノウのまわりには、キヌタソウがいっぱい咲いています7月23日撮影 泉の森静けさ堤江実深い木立のその一本一本の木々のあいだにひそ ...
| 7月

マヤラン(摩耶蘭)ラン科の腐生植物。いつも咲いている場所とは違う場所で咲いていました。「絶滅危惧II類」に指定されているようですので大切にしたい植物です。マヤランは葉と根を持たない変わった植物です。普段は地下茎が地中に潜って、花だけが地上に現われています。 ...
| 7月

このページのトップヘ